弁護士法人 親和法律事務所

企業法務はこちら

コラム

その他

地元の弁護士に相談するのがおすすめ

2021.02.04

地元の弁護士を探してしてみるのがいいと思います。その理由をできるだけわかりやすく説明したいと思います。

落ち着きを取り戻せる

弁護士に相談をする状況というのは、初めてのこと、びっくりするようなこと、焦るようなこと、不安なことが起きているときです。そのようなときに、普段と変わらずに、落ち着いて話ができる人はあまり多くありません。落ち着いていないときに、判断したことは大抵どこかに問題を抱えています。落ち着きを取り戻すためには、弁護士と直接面談で話すのが一番です。ですので、相談にいきやすい地元の弁護士に相談されることを強くお勧めします。

早く相談しやすい

紛争やトラブルというのは、できるだけ早いうちになにか対応をするのかしないのか、対応するとしてどのような対応をするのかを決める必要があります。時間が経てばたつほど関係する資料や記憶は失われていきますし、取りうる対応も少なくなっていきます。そのため相談に行きやすい地元の弁護士に相談した方が良いでしょう。

事情の説明が簡単

事情を知らない人に初めから説明するのは、思いのほか大変なことです。話した側と話された側との認識が違っていたということもよくあることです。同じ写真や図表、書類を見ながらでないと説明が無理ということもあります。面談で打合せをしていれば、説明が比較的簡単になりますから、面談での相談がしやすい地元の弁護士に相談された方が良いといえます。

地元の弁護士に相談するのがいい3つの理由を紹介しました。多くの人にとって、弁護士と話をするということは、あまり経験がないことだと思います。私は東京出身ですが、東京などの都会の弁護士が必ずしもよいとは限りません。地元の弁護士に相談をしてみて、もしなにか違うな、と思われたらまた別の弁護士に相談をしてみるということもできるわけですから、地元の弁護士から相談してみるのがよいといえます。皆さんがこの人に会えて良かったと思える弁護士と巡り合う一助になることを願っています。

(信田)

検索

カテゴリー